伊検(実用イタリア語検定)の資格

実用イタリア語検定(伊検) 民間資格
イタリア語検定協会 実用イタリア語検定(伊検) 実用イタリア語検定(伊検)は、イタリア語検定協会が実施しているイタリア語検定です。旅行会話からビジネスに通じるレベルまで、実用に役立つイタリア語の習得度合いを、1級から5級の6段階で検定します。
人気度ランク4 難易度ランク3 専門性ランク3 独立向きランク3
年間受験者数 3,221人 *註1 所要勉強時間
(目安)
年間合格者数 1,368人 *註1 資格登録者総数 27,820人 *註2
合格率 42.5% *註1 平均年収
(目安)
 -
*註1)2013年度実績、註2)2013年度(2014年3月第38回)までの合格者累計

こんな方にオススメの資格

  • イタリア関連企業、イタリア関連部署でお仕事をされている・お仕事を希望する方
  • イタリアへの留学を目指している方
  • フランスの芸術・ファッション・料理などイタリア文化に興味のある方

「イタリア語技能検定(伊検)」資格に関する需要

イタリアの外国人観光客は年間4,600万人以上、世界第5位の観光先進国です。
イタリアからの訪日外国人数は約5万人、日本からイタリアへの観光は
2,000年以上の歴史をもつローマをはじめ、日本人にも定番の旅行先となっています。

訪日外国人は2013年に1,036万人(前年度比18%増)で、2020年東京オリンピックに
向けて年間2,000万人の政府目標が設定されており、訪日外国人の数は今後急速な増加
が見込まれます。

グローバル化の一層の進展や訪日外国人が増加する中で、ヨーロッパでも比較的大きな人口
を持つイタリア語を話せることは、今後さらに貴重な能力になることでしょう。

ヒューマン 人気資格

 

数字で見る実用イタリア語検定(伊検)

実用イタリア語検定(伊検)テストの直近3ヶ年実績
2011年度2012年度2013年度対前年比
1級受験者数
-
86860.0%
合格者数
-
710+42.9%
合格率
-
8.1%11.6%
2級受験者数
-
317230-27.4%
合格者数
-
3042+40.0%
合格率
-
9.5%18.3%
準2級受験者数
-
645476-26.2%
合格者数
-
202166-17.8%
合格率
-
31.3%34.9%

資格取得のポイント

外国語で一定レベルのコミュニケーションができるようになるまでに習得するためには、
1,000時間の学習が目安とされています。

仕事で短期的にイタリア語習得が必要な方、数年かけて日常会話をマスターしたい方など
イタリア語学習の目的はひとそれぞれですが、目的に合わせてイタリア語学習の参考書・
テキストを選び、とにかく継続して学習することが必要です。

なお、実用イタリア語検定(伊検)の認定基準は以下のように示されています。

 【1級】広く社会生活に必要なイタリア語を十分に理解し、自分の意思を的確に表現できる
 【2級】日常生活や業務上必要なイタリア語を理解し、一般的なイタリア語を読み、書き、
     聴き、話すととができる
 【準2級】基本文法について総合的な知識を持ち、日常生活全般に必要なイタリア語を理解し、
      表現することができる
 【3級】日常生活に必要な基本的なイタリア語を理解し、特に口頭で表現することができる
 【4級】平易なイタリア語を聴き、話し、読み、書くことができる
 【5級】初歩的なイタリア語を理解することができる

「実用イタリア語技能検定試験(伊検)」概要

受験資格特になし
試験実施日1級・2級   年1回(1次:10月、2次:12月)
準2級~5級  年2回(3月・10月)
試験内容試験内容
【1級】
 1次:筆記、リスニング(120分)
 2次:2名の面接委員による口頭試問

【2級】
 1次:筆記、リスニング(120分)
 2次:2名の面接委員による口頭試問

【準2級】
 筆記、リスニング(120分)

【3級】
 筆記、リスニング(100分)

【4級】
 筆記、リスニング(80分)

【5級】
 筆記、リスニング(80分)