建築士の資格

建築士 国家資格
日本建築士連合会 建築士 建築士は、建築物が十分な機能と耐久性をもつように設計し、工事監理まで一括して行う「家づくりのプロ」です。超高層ビルや延べ面積500㎡を超える学校・病院・劇場等を扱うことができる一級建築士と、木造・コンクリート造・鉄骨造の戸建住宅・アパートを対象とした二級建築士があります。建築業界の中核を担う存在として、業界必須の国家資格です。
人気度ランク4 難易度ランク4 専門性ランク5 独立向きランク3
年間受験者数 46,675人 *註1 所要勉強時間
(目安)
500~1,000時間
年間合格者数 9,858人 *註1 資格登録者総数 355,921人 *註2
合格率 21.1% *註1 平均年収
(目安)
600万円~800万円
*註1)2014年度試験実績、註2)建築士会連合会公表の一級建築士数(2013年度末)

こんな方にオススメの資格

  • 家づくりのプロとして建設業界の中核で活躍したい方
  • 建設業界、住宅業界、不動産業界にお勤めの方

「建築士」資格に関する需要

日本の高齢化・人口減少の流れの中で、空き家率の推移も上昇しており、
建築業界全体としてはゆるやかに縮小傾向にあります。

一方で、2020年東京オリンピックに向けた大型施設・商業施設の建築ニーズや、
一般住宅でも国が既築リフォーム市場を20兆円まで拡大する計画を発表しているように、
新たな建築・住宅ニーズが出てきています。

一級建築士・二級建築士ともに、建築業界の中核を担う「家づくりのプロ」として、
今後も底堅い需要が見込める資格・フィールドであると予測されます。

TAC 建築士

 

仕事のやりがい

  • 自分の頭の中のアイディアが図面として可視化され、最終的に「建築物」という目に見える形で長く残る達成感
  • 施工主との打ち合わせを重ねる中で、施工主との結びつきが強まり、完成後に感謝してもらえること

数字で見る建築士

建築士試験の直近3ヶ年実績
2012年度2013年度2014年度対前年比
1級学科受験者数(①)29,48426,80125,395-5.2%
合格者数(②)5,3615,1034,653-8.8%
合格者率(③)18.2%19.0%18.3%
1級製図受験者数(④)10,2429,8309,362-4.8%
合格者数(⑤)4,2764,0143,793-5.5%
合格者率(⑥)41.7%40.8%40.5%
1級Total合格率(⑤÷①)14.5%15.0%14.9%
2級学科受験者数(①)21,42121,25120,788-2.2%
合格者数(②)7,0596,0137,881+31.1%
合格者率(③)33.0%28.3%37.9%
2級製図受験者数(④)11,6519,18510,573+15.1%
合格者数(⑤)6,1154,8645,842+20.1%
合格者率(⑥)52.5%53.0%55.3%
2級Total合格率(⑤÷①)28.5%22.9%28.1%
木造学科受験者数(①)621568492-8.5%
合格者数(②)294270259-8.2%
合格者率(③)47.3%47.5%52.6%
木造製図受験者数(④)340307310-9.7%
合格者数(⑤)234180223-23.1%
合格者率(⑥)68.8%58.6%71.9%
木造Total合格率(⑤÷①)37.7%31.7%45.3%

 
建築技術教育普及センターの2014年試験実績で、合格者の属性が公表されています。

  • 一級合格者は平均年齢32.5歳男性76%女性24%
    勤務先は設計事務所37.8%建設業32.1%官公庁等9.3%プレハブ住宅会社7.8%
  • 二級合格者は平均年齢28.7歳男性67%女性33%
    勤務先は建設会社・工務店・大工42.3%建設士事務所15.3%学生・研究生13.3%
    プレハブ住宅会社9.8%
  • 木造合格者は平均年齢25.2歳男性77%女性23%
    勤務先は学生・研究生78.9%建設会社・工務店・大工16.5%、建設士事務所4.1%

資格取得のポイント

二級建築士の資格を取得し、建設実務を4年経験して、一級建築士の受験資格が得られます。
実務が特に重視される業界で、現在は一級建築士を取得してから、5年の建設実務を経て
「構造設計一級建築士」となる制度も設けられています。

建築に関する知識はもちろん、実務経験を積んでいく必要があります。

「建築士試験」概要

受験資格【一級建築士】
 ①大学卒業者は3年以上の実務経験(指定学科卒業以外は4.5年以上)
 ②短大・高専卒業者は5年以上の実務経験(指定学科卒業以外は7.5年以上)
 ③高校卒業者は10年の実務経験(指定学科卒業以外は11.5年以上)
 ④その他の者は15年以上の実務経験
 ⑤2級技術検定合格者で合格後5年以上の実務経験
 ※上記年数には指導監督的実務経験年数を1年以上含むことが必要

【二級建築士】
 ①大学卒業者は1年以上の実務経験(指定学科卒業以外は1.5年以上)
 ②短大・高専卒業者は2年以上の実務経験(指定学科卒業以外は3年以上)
 ③高校卒業者は3年の実務経験(指定学科卒業以外は4.5年以上)
 ④その他の者は8年以上の実務経験
試験実施日一級 年1回(7月/10月)
二級 年1回(7月/9月)
木造 年1回(7月/10月)
試験内容【一級建築士】
 (学科)
  ①学科I(計画)
  ②学科1I (環境・設備)
  ③学科Ⅲ(法規)
  ④学科IV(構造)
  ⑤学科Ⅴ(施工)
 (設計製図)
  課題は事前に公表される。
  ※学科の試験合格者のみが受験可能

【二級建築士/木造建築士】
 (学科)
  ①学科I
  ②学科1I (建築法規)
  ③学科Ⅲ (建築構造)
  ④学科IV(建築施工)
 (設計製図)
  課題は事前に公表される。
  ※学科の試験合格者のみが受験可能

 

「建築士」資格の通信/通学講座

スクール名種別コース名期間費用特徴
TACTAC通信
通学
一級建築士
総合学科本科生
6ヶ月~1年
全60回
340,000円~構造の「力学」と法規について基礎講義を受講し、その後、学科本科生に合流するコース
TACTAC通信
通学
二級建築士
総合学科本科生
6ヶ月~1年
全50回
270,000円~構造の「力学」と法規について基礎講義を受講し、その後、学科本科生に合流するコース
ユーキャンユーキャン通信2級建築士講座12ヶ月98,000円~建築士受験指導で多くの実績を持つ日建学院の全面協力のもと開発された講座。設計製図試験対策のDVD教材付き