消防設備士の資格

消防設備士 国家資格
消防試験研究センター 消防設備士試験" 消防設備士は、消火器・火災報知器・スプリンクラー設備等の工事や点検・点検を行うスベシャリストです。甲種と乙種があり、甲種は工事整備対象設備等の工事・整備等、乙種は整備などを行います。また工事整備対象設備等の種類別に、甲種は特類・第1類から第5類まで、乙種は第1類から第7類に分かれいます。消防法を根拠とした、国家資格です。
人気度ランク4 難易度ランク3 専門性ランク4 独立向きランク3
年間受験者数 80,891人 *註1 所要勉強時間
(目安)
6ヶ月
年間合格者数 28,521人 *註1 資格登録者総数
合格率 35.3% *註1 平均年収
(目安)
*註1)2013年度実績

こんな方にオススメの資格

  • 劇場、デパート、ホテルなどの建物の消防用設備等の工事・点検・整備を行う立場の方
  • 企業の総務部など防災関連のお仕事をされる立場の方

「消防設備士」資格に関する需要

消防法により、建物の所有者は防災のための各種点検・整備を行う必要があり、
消防設備士は従来から一定の需要がある仕事です。

消防設備に限らず、他の建物設備も扱うことのできる他の技能資格と組み合わせることで、
より建物設備のスペシャリストとして強力な武器になると思われます。

ユーキャン 通信講座

 

数字で見る消防設備士

消防設備士試験の直近3ヶ年実績
2011年度2012年度2013年度対前年比
甲種特類受験者1,4371,2961,211-6.6%
合格者287199382+92.0%
合格率20.0%15.4%31.5%
甲種1類受験者10,91810,62110,479-1.3%
合格者2,5382,0612,552+23.8%
合格率23.2%19.4%24.4%
甲種2類受験者2,8122,7132,540-6.4%
合格者968942952+1.1%
合格率34.4%34.7%37.5%
甲種3類受験者2,7612,9853,081+3.2%
合格者849701917+30.8%
合格率30.7%23.5%29.8%
甲種4類受験者17,30817,47617,491+0.1%
合格者5,6994,9695,859+17.9%
合格率32.9%28.4%33.5%
甲種5類受験者3,3763,2573,107-4.6%
合格者9898571,036+20.9%
合格率29.3%26.3%33.3%
甲種計受験者38,61238,34837,909-1.1%
合格者11,3309,72911,698+20.2%
合格率29.3%25.4%30.9%
乙種1類受験者2,8882,6312,6300.0%
合格者798685740+8.0%
合格率27.6%26.0%28.1%
乙種2類受験者944800805+0.6%
合格者346259243-6.2%
合格率36.7%32.4%30.2%
乙種3類受験者860812747-8.0%
合格者294235237+0.9%
合格率34.2%28.9%31.7%
乙種4類受験者9,6129,9529,682-2.7%
合格者3,8584,0383,693-8.5%
合格率40.1%40.6%38.1%
乙種5類受験者1,3071,1701,095-6.4%
合格者556430448+4.2%
合格率42.5%36.8%40.9%
乙種6類受験者21,82822,41922,086-1.5%
合格者7,3698,4807,821-7.8%
合格率33.8%37.8%35.4%
乙種7類受験者6,6706,1285,937-3.1%
合格者4,0943,6903,641-1.3%
合格率61.4%60.2%61.3%
乙種計受験者44,10943,91242,982-2.1%
合格者17,31517,81716,823-5.6%
合格率39.3%40.6%39.1%

資格取得のポイント

独学で対策される方が多いようです。
筆記試験の他、実技試験(製図試験)もあるのがポイントです。筆記試験は暗記項目が多いため、
できるかぎり実際の設備を見て確認しながら効率的に知識を習得すると同時に、実技対策は製図を
テキスト等を使ってある程度のパターンの慣れておく必要があります。

「消防設備士試験」概要

受験資格【甲種特類】
 甲種第1類から第3類までのいずれか1つ、および甲種第4類と第5類を合わせて
 3種類以上の免状の交付を受けている者

【甲種】
 ①大学、短大、高専で機械、電気、工業化学、土木又は建築に関する
  学科又は課程を修めて卒業した者
 ②乙種消防設備士の免状の交付を受けた後、2年以上の工事整備対象設備等
  の整備実務経験がある者
 ③大学、高専又は専修学校で機械、電気、工業化学、土木又は建築に関する
  授業科目を雇修して15単位以上修得した者
 ④技術士等の2次試験合格者
 ⑤電気工事士
 ⑥電気主任技術者
 等のいずれかに該当する者

【乙種】特になし
試験実施日甲種・乙種ともに、都道府県ごと1~3ヶ月に1回
試験内容【甲種特類】
 筆記試験(マークシート式)
  ①消防関係法令、②工事整備対象設備等の構造、機能及び工事又は整備の方法、
  ③工事整備対象設備等の性能に関する火災及び防火にかかわる知識

 実技試験なし

【甲種】
 筆記試験(マークシート式)
  ①消防関係法令、①機械又は電気に関する基礎的知識、
  ③受験にかかわる消防用設備等の構造、機能及び工事又は整備の方法

 実技試験(写真・イラスト・図面等による記述式、および製図)
  ①受験にかかわる消防用設備等に関する鑑別等、
  ②受験にかかわる消防用設備等に関する製図

【乙種】
 筆記試験(マークシート式)
  ①消防関係法令、①機械又は電気に関する基礎的知識、
  ③受験にかかわる消防用設備等の構造、機能及び整備の方法

 実技試験(写真・イラスト・図面等による記述式)
  受験にかかわる消防用設備等に関する鑑別、など

 

「消防設備士」資格の通信/通学講座

スクール名種別コース名期間費用特徴
LECLEC通信消防設備士
甲種・乙種4類
合格講座(Web)
全6回
15時間
24,690円~特につまづき易いところを中心にわかりやすくご説明する、初心者でも安心の講座
ユーキャンユーキャン通信消防設備士
合格指導講座
6~8ヶ月43,000円~筆記と実技、それぞれの試験対策に特化した効率よく学べるテキストが特徴。甲種1類・4類、乙種1類・4類・6類に対応