社会福祉士の資格

社会福祉士 国家資格
社会福祉振興・試験センター 社会福祉士 社会福祉士は、高齢者・身体障害者・生活保護世帯などの福祉に関する相談に応じ、ニーズに応じたサービスや施設の提示や指導、自立に向けた継続的な助言・援助などを行います。専門的な知識と相談技術で、福祉社会を支えるスペシャリストとして、高い評価を得ている注目の国家資格です。
人気度ランク4 難易度ランク3 専門性ランク4 独立向きランク2
年間受験者数 45,187人 *註1 所要勉強時間
(目安)
7ヶ月
年間合格者数 12,181人 *註1 資格登録者総数 192,664人 *註2
合格率 27.0% *註1 平均年収
(目安)
350万円~500万円
*註1)2014年度実績、*註2)2014年度までの累計合格者数

こんな方にオススメの資格

  • 福祉相談・支援のスペシャリストとして活躍されたい方
  • 長く社会に貢献できるやりがいのある専門職を希望される方

「社会福祉士」資格に関する需要

厚生労働省の発表では、2025年に65歳以上高齢者が日本の全人口の1/3を占めるとされており、世界でも他に例のない高齢化が進展しています。

超高齢化社会の日本で、社会福祉士は、福祉相談・支援のスペシャリストとして、行政機関、保険医療機関、シルバービジネスの民間企業、教育機関、社会福祉協議会、社会福祉施設など活躍の場が広く、現在でも有資格者が不足している状況です。

社会福祉士の需要・求人は、高齢化が進展する中で、更に高まると予測されます。

ユーキャン 福祉資格講座

 

仕事のやりがい

  • 社会的貢献度が高い仕事をしていると日々実感できること
  • お年寄りや障害者の方を親身になって支援することで、喜んでもらえる・感謝してもらえる点

数字で見る社会福祉士

社会福祉士国家試験の直近3ヶ年実績
2012年度2013年度2014年度対前年比
社会福祉士
国家試験
受験者数42,841 45,57845,187-0.9%
合格者数8,058 12,540 12,181-2.9%
合格率18.8%27.5%27.0%

 
社会福祉振興・試験センターの2013年試験結果で、合格者の内訳を確認できます。

  • 合格者の年齢は、~30歳(49.7%)31-40歳(22.4%)41-50歳(16.4%)の順
  • 合格者の男女比は、男性34.6%、女性65.4%

資格取得のポイント

社会福祉士の試験は共通科目と専門科目を合わせて19科目あり、幅広い試験範囲から出題されるのが特徴です。幅広い試験範囲に対して、いかに定期的に時間を取って効率的に学習・対策するかが最大のポイントです。

「社会福祉士国家試験」概要

受験資格①4年制大学等で指定科目を修めて卒業した方
②2年制(または3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、
 指定施設において2年以上(または1年以上)相談援助の業務に従事した方
③社会福祉士短期養成施設<6月以上>を卒業・修了した方(卒業・修了見込みの方を含む)
④社会福祉士一般養成施設<1年以上>を卒業・修了した方(卒業・修了見込みの方を含む)
試験実施日年1回(1月下旬)
試験内容【共通科目】(試験時間135分、マークシート式)
 ①人体の構造と機能及び疾病
 ②心理学理論と心理的支援
 ③社会理論と社会システム
 ④現代社会と福祉
 ⑤地域福祉の理論と方法
 ⑥福祉行財政と福祉計画
 ⑦社会保障
 ⑧障害者に対する支援と障害者自立支援制度
 ⑨低所得者に対する支援と生活保護制度
 ⑩保健医療サービス
 ⑪権利擁護と成年後見制度

【専門科目】(試験時間105分、マークシート式)
 ⑫社会調査の基礎
 ⑬相談援助の基盤と専門職
 ⑭相談援助の理論と方法
 ⑮福祉サービスの組織と経営
 ⑯高齢者に対する支援と介護保険制度
 ⑰児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
 ⑱就労支援サービス
 ⑲更生保護制度

※精神保健福祉士が社会福祉士試験を受験する場合、申請により、
 上記科目のうち①~⑪が免除される
※合格ラインは60%程度

 

「社会福祉士」資格の通信/通学講座

スクール名種別コース名期間費用特徴
LECLEC通信社会福祉士
一発合格パック
120時間41,140円~合格に必要な教材を一括発送する人気講座。講師が出題されそうな箇所や効率的な覚え方等のポイント解説。
ユーキャンユーキャン通信社会福祉士
合格指導講座
7ヶ月59,000円~ポイントを凝縮しあわかりやすいテキストに加えて、3年分の過去問、ドリル、年表と用語集など副教材も充実したコース