精神保健福祉士

精神保健福祉士 国家資格
社会福祉振興・試験センター 精神保健福祉士 精神保健福祉士は、病院や社会福祉施設等で、精神障害者の身近な生活相談や退院後の住宅や仕事探しなど、社会復帰を目指す人の相談・助言・指導・援助を行う仕事です。社会福祉士、介護福祉士と並ぶ福祉「三福祉士」のひとつで、「精神科ソーシャルワ一力一」ともよばれる国家資格です。
人気度ランク3 難易度ランク3 専門性ランク4 独立向きランク2
年間受験者数 7,183人 *註1 所要勉強時間
(目安)
6ヶ月~1年
年間合格者数 4,402人 *註1 資格登録者総数 70,569人 *註2
合格率 61.3% *註1 平均年収
(目安)
*註1)2014年度実績、*註2)2014年度までの累計合格者数

こんな方にオススメの資格

  • 精神障害者の社会復帰の仕事にやりがいを感じる方
  • 社会福祉士、介護福祉士とのトリプルライセンスを目指す方

「精神保健福祉士」資格に関する需要

厚生労働省によると、精神障害者の数は323万人(平成20年度)におよび、
現代人の抱えるストレスはますばかりで、その数は増加傾向にあります。

精神保健福祉士は、精神病院・医療施設・保健所、障害者支援施設などで
精神障害者の社会復帰を支援します。
少子高齢化が進む中で、精神障害者の社会復帰を支援するニーズは今後さらに高まるでしょう。

ヒューマン 医療系資格

 

仕事のやりがい

  • 肉体的・体力的にも大変な仕事であるが、患者さんの退院・就職まで支援できたときの達成感

数字で見る精神保健福祉士

精神保健福祉士国家試験の直近3ヶ年実績
2012年度2013年度2014年度対前年比
精神保健福祉士
国家試験
受験者数7,144 7,1197,183+0.9%
合格者数4,062 4,1494,402+6.1%
合格率56.9%58.3%61.3%

 
社会福祉振興・試験センターの2014年試験結果発表で、合格者属性が確認できます。

  • 合格者の年齢は、~30歳(49.9%)31-40歳(21.5%)41-50歳(16.3%)の順
  • 合格者の男女比は、男性31.5%、女性68.5%

資格取得のポイント

知識を問う問題が中心ですが、精神医学から心理学・リハビリまで
精神障害者支援のための幅広い範囲の知識習得が必要です。

過去問で過去の傾向を掴み、市販のテキストで網羅的に知識を習得する必要があります。
効率的に学習を進めるため、講習会や資格スクールも利用可能です。

「精神保健福祉士国家試験」概要

受験資格①保健福祉系の4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
②保健福祉系の2年制(または3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、
 指定施設において2年以上(または1年以上)相談援助の業務に従事した者
③4年制大学を卒業した者等で、精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者 ほか
試験実施日年1回(1月)
試験内容【筆記試験:1日目】(試験時間140分)
 ①精神疾患とその治療
 ②精神保健の課題と支援
 ③精神保健福祉相談援助の基盤
 ④精神保健福祉の理論と相談援助の展開
 ⑤精神保健福祉に関する制度とサービス
 ⑥精神障害者の生活支援システム

【筆記試験:2日目】(試験時間135分) 
 ⑦人体の構造と機能及び疾病
 ⑧心理学理論と心理的支援
 ⑨社会理論と社会システム
 ⑩現代社会と福祉
 ⑪地域福祉の理論と方法
 ⑫福祉行財政と福祉計画
 ⑬社会保障
 ⑭障害者に対する支援と障害者自立支援制度
 ⑮低所得者に対する支援と生活保護制度
 ⑯保健医療サピス
 ⑰権利擁護と成年後見制度

※社会福祉士の有資格者は、申請により⑦~⑰の科目を免除される