観光英語検定の資格

観光英語検定 民間資格
全国語学ビジネス観光教育協会 観光英語検定 観光英語検定は、観光・旅行業界で求められる一般英会話や業界独自の用語・専門知識を持つプロ養成を目的に実施されている英語検定です。全国語学ビジネス観光教育協会が、1級~3級の3段階のレベルで認定します。訪日外国人の増加に伴い、注目を集めている英語検定です。
人気度ランク3 難易度ランク3 専門性ランク3 独立向きランク2
年間受験者数 4,256人 *註1 所要勉強時間
(目安)
年間合格者数 2,329人 資格登録者総数
合格率 54.7% 平均年収
(目安)
*註1)2014年度試験実績

こんな方にオススメの資格

  • 観光・旅行業界でお仕事をされている方、お仕事を希望する方
  • 外国人観光客と接するお仕事をされている方
  • 日本や世界各国の地理・歴史と英語をセットにして学べる資格に興味のある方

「観光英語検定」資格に関する需要

訪日外国人は2013年に1,036万人(前年度比18%増)となり、2020年東京オリンピックに向けて
年間2,000万人の政府目標が設定されています。日本は世界一のスピードで少子高齢化が進んでおり、日本経済活性化のためにも、訪日外国人の数は今後急速に増えていくのは間違いありません。

観光英語検定は、旅行会社、ホテル、空港、レストラン、観光地など観光・旅行業界全体で役立つ資格です。日本人の英語力不足の問題が顕在化する中で、観光のプロフェッショナルのための検定として、今後さらに注目されていくでしょう。

スピークナチュラル

 

数字で見る観光英語検定

観光英語検定試験の直近3ヶ年実績
2012年度2013年度2014年度対前年比
1級受験者数99108179+65.7%
合格者数25349-73.5%
合格率25.3%31.5%5.0%
2級受験者数1,411 1,4931,625 +8.8%
合格者数802817945 +15.7%
合格率56.8%54.7%58.2%
3級受験者数2,759 2,687 2,452 -8.7%
合格者数1,527 1,446 1,375 -4.9%
合格率55.3%53.8%56.1%

資格取得のポイント

外国語で一定レベルのコミュニケーションができるようになるまでに習得するためには、
1,000時間の学習が目安とされています。
観光英語検定は1級~3級に分かれていますが、仕事でつかえるレベルは1級です。

英会話に加えて、日本や世界各国の地理・歴史やふだん使わない業界専門用語も出題されるため
過去問で出題傾向を把握して、学習計画を立てましょう。
問題が多く、短時間での処理能力も問われるため、過去問で十分に慣れておく必要があります。

試験対策は、市販のテキストでの学習の方が多いようです。
観光系の専門学校もあるため、都合のつく方は利用を検討してみるのもよいでしょう。

1級から3級の試験内容・認定基準は以下のように示されています。

 【1級】
  約8,000語の語彙力、正確な文法・構文(専修学校修了以上の学習内容を取得している、
  または、最低2~3年以上の業務経験がある)の理解度をみる。
  (1)海外で日本人客を接遇し、英語で添乗業務が出来る。
  (2)国内で外国人に観光地や名所旧跡等を英語で通訳ガイドが出来る。
  (3)国内のホテルや他の場所で外国人に英語で充分な接遇が出来る。
  (4)海外における風俗習慣や国際儀礼等の異文化を英語を介して理解、かつ紹介出来る。

 【2級】
  約5,000語の語彙力、適切な文法・構文(高等学校修了程度の学習内容)の理解度を見る。
  (1)海外で個人旅行をする時、個人で旅程を組み、乗り物やホテルの予約、
    また単独で観光や買物等を英語で対処することが出来る。
  (2)国内で外国人に観光地や名所旧跡等を英語で紹介出来る。

 【3級】
  約3,000語の語彙力、基本的な文法・構文(高等学校中等学年程度の学習内容)
  の理解度をみる。
  (1)海外グループ旅行の時、少数の同僚と一緒に英語を使って行動することが出来る。
  (2)国内で外国人に道案内やパンフレット類を英語で説明出来る。

試験概要

受験資格特になし
試験実施日年2回(6月、10月)
試験内容1級(筆記60分、リスニング約50分〉
 以下の範囲での観光、旅行業に必要な実務英語。
 【場所】
  各種受付(旅行代理店、航空会社等)、空港、駅、ホテル、レストラン、税関、劇場等。
 【状況】
  苦情と謝罪、誤解と説明、要求と情報提供、予約および変更・キャンセル、電話応対、
  ガイド、病気、けが等。
 【文書等】
  手紙、申込書、ファクシミリ、チケット等。
 【専門知識】
  航空会社・旅行代理店・ホテル等で一般的に使用される略語や専門用語。
 【その他】
  世界の国々の文化や習慣、国際儀礼(プロトコール)。

2級(筆記60分、リスニング約30分〉
 予約関連業務、ホテル関連業務、出入国に関する手続き、機内放送等のアナウンス、
 食事、通貨、交通機関等、観光・ 旅行業に必要となる基本的な英語および英語による日常会話。

3級(筆記60分、リスニング約30分〉
 曜日、時刻、数字(単位含む)、英語の掲示やパンフレット、地名、世界と日本の観光名所、 
 日本の祭りや年中行事また民芸品、あいさつ等、観光・旅行に必要となる初歩的な英語
 および英語による日常会話。