証券外務員の資格

証券外務員 民間資格
日本証券業協会 証券外務員資格試験 証券外務員は、証券会社や金融機関で、株式などの有価証券の売買・取引を行う資格です。日本証券業協会が運営し、金融庁に証券外務員として登録する際に必要な資格です。一種・二種の種別があり、二種は債券や投資信託などの金融商品、一種は二種で取扱可能な商品に加えて、商品先物取引等のデリバティブ取引も取扱いが可能です。
人気度ランク5 難易度ランク3 専門性ランク4 独立向きランク3
年間受験者数 124,735人 *註1 所要勉強時間
(目安)
3ヶ月
年間合格者数 52,702人 *註1 資格登録者総数 520,518人 *註2
合格率 42.3% *註1 平均年収
(目安)
750万円
*註1)平成25年度試験実績、註2)2013年度登録外務員数

こんな方にオススメの資格

  • 証券会社や金融機関に就職を目指す方
  • 転職に有利な資格取得を目指す方

「証券外務員」資格に関する需要

日本では個人資産を銀行に預金として預けるので、投資は限定的でした。
低金利の長期化により、銀行預金以外の投資商品へのニーズは年々高まっています。

インターネット証券の普及、NISA商品の登場、金融法制の変更、急速な高齢化の進展という社会環境の変化の中で、他の先進国と比較して投資比率が依然低い日本で、金融商品の扱いが可能な、証券外務員資格への需要は今後も底堅いと予想されます。

ユーキャン 今はじめると間に合う資格講座

 

数字で見る証券外務員

証券外務員資格試験の直近3ヶ年実績
2011年度2012年度2013年度対前年比
一種受験者数53,68083,91867,586-19.5%
合格者数22,707 32,812 27,102 -17.4%
合格率42.3%39.1%40.1%
二種受験者数47,644 33,176 27,740 -16.4%
合格者数28,634 18,214 15,007 -17.6%
合格率60.1%54.9%54.1%
特別一種受験者数12,63615,35212,672-17.5%
合格者数4,119 4,652 3,814 -18.0%
合格率32.6%30.3%30.1%
特別二種受験者数30,38020,89516,737-19.9%
合格者数12,577 8,254 6,778 -17.9%
合格率41.4%39.5%40.5%
全体受験者数144,340 153,341 124,735 -18.7%
合格者数68,037 63,931 52,702 -17.6%
合格率47.1%41.7%42.3%

資格取得のポイント

初学者には金融関連の専門的な知識習得が必要ですが、合格率の推移をみると難易度は
それほど高くありません。

試験問題も○×式+五肢選択式で、記述式問題は出題されないため、暗記中心の学習が必要です。
3ヶ月などの期間・目標を決めて、市販テキストや資格スクールで短期間に集中して試験対策を
行う方が大半です。

「証券外務員試験」概要

受験資格特になし
※一種・二種は一般の方は誰でも受験可能。
 一種・二種以外は、日本証券業協会に加盟する証券会社(正会員)・証券会社以外の
 金融機関(特別会員)の職員・採用予定者以外は受験できない
試験実施日随時(年末年始・祝日を除く月曜日から金曜日の毎日)
※詳細日程は受験会場毎に異なるため、要確認
試験内容一種・二種(○×式+五肢選択式、試験時間一種160分・二種120分)
【法令・諸規則】
 ①金融商品取引法及び関係法令、
 ②投資信託及び投資法人に関する法律並びに関係法令、
 ③協会定款・諸規則、④取引所定款諸規則

【商晶業務】
 ①株式業務、②債券業務、③投資信託及び投資法人に関する業務、
 ④付随業務

【関連科目】
 ①証券市場の基礎知識、②株式会社法概論、①経済金融財政の常識、
 ④財務諸表と企業分析、⑤証券税制、⑥セールス業務

【デリパティブ取引】*一種試験のみ
 ①先物取引、②オプション取引、③特定店頭デリパティブ取引等

※合格基準は、一種・二種とも満点の70%以上

 

「証券外務員」資格の通信/通学講座

スクール名種別コース名期間費用特徴
ゼミネットゼミネット通信第二種証券外務員講座20時間
3ヶ月
13,500円~実力派講師の講義力と独自の撮影技術によるスクリーン映像、電子黒板講義 が特徴。
TACTAC通学
通信
二種・一種外務員
パッククラス
全12回40,000円~週2講義のペースで二種対策講座を受講し、その後一種対策講座の講義へと進み、実力アップを図れるコース