カテゴリー別アーカイブ: 会計・財務・金融系

会計・財務・金融系

銀行業務検定の資格

銀行業務検定_テキスト

銀行業務検定は、金融機関の業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力の向上を目的として行われている検定試験です。検定は21系統36種目で、多くの企業で昇進の要件となっているため、都銀、信託銀行、信金、生損保などの金融関係者が年間20万人以上も受験しています。

会計・財務・金融系

日商簿記検定の資格

日商簿記検定_テキスト

日商簿記検定は、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする「簿記」に関する技術と知識を認定する資格です。簿記を理解することで、企業の経理業務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力・分析力・経営管理の能力も身につくなど応用範囲が幅広く、数ある簿記資格の中でも抜群の知名度と人気の資格です。

会計・財務・金融系

ファイナンシャル・プランニング技能士の資格

ファイナンシャルプランニング技能士_テキスト

ァイナンシャル・プランニング技能士は、金融財政事情研究会または日本FP協会が実施する、顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能に関する学科試験・実技試験の両方に合格した者を指します。
税金・保険・年金・不動産・金融などの幅広い知識と視野を持ち、ファイナンシャルプランナーとして知られる国家資格です。

会計・財務・金融系

税理士の資格

税理士_過去問

税理士は、税務の代理、税務書類の作成、税務相談という三つの独占業務を持つ専門家資格です。国と納税者(企業・個人)の間に立って、税務に関する相談・手続きを行うほか、税務に関連するコンサルティング業務も増えてきています。資格を取得された方の8割が独立開業されています。

会計・財務・金融系

米国公認管理会計士(USCMA)の資格

USCMA_テキスト

USCMA(US Certified Management Accountant)は、日本語で「米国公認管理会計士」と呼ばれます。米国ではUSCPA(米国公認会計士)と並び二大会計資格の一つに数えられ、資格取得後は主にコンサルティング業務や企業内の会計・財務・企画部門で活かすことができます。「企業の意思決定手段としての会計」の重要性が高まる中、国際的な管理会計能力を持ったプロとして、非常に注目されています。

会計・財務・金融系

中小企業診断士の資格

中小企業診断士_過去問

中小企業診断士は、コンサルタントという専門的な立場から、企業の経営や事業運営の課題解決支援を行う国家資格です。経営に課題を抱える会社だけでなく、売上アップや事業拡大を図ろうと考える会社、ベンチャー企業などを含む中小企業を診断し、支援します。昨今は国の政策を活用して、中小企業を支援する役割も求められています。