カテゴリー別アーカイブ: 医療・福祉系

医療・福祉系

診療情報管理士の資格

診療情報管理士_テキスト

診療情報管理士は、力ルテの整理・分類から個人情報管理、医療内容のデータ化、医療情報全般の分析まで行います。日本病院会の診療情報管理通信教育を受講、または診療情報管理士受験認定指定校で必須科目を履修することで受験資格が得られます。医療現場での電子力ルテの普及により、活躍に注目が集まる民間資格です。

公務員試験

登録販売者の資格

登録販売者試験_テキスト

登録販売者は、薬局・ドラッグストア・量販店やスーパーで一般用医薬品が販売できる資格医薬品販売専門資格です。薬事法の改正により、薬剤師がいなくても、登録販売者が一般医薬品を販売できるようになりました。取得者購入者の状況を観察・ヒアリングし、必要な情報提供や相談対応を行うことにより購入者の適切な医薬品の選択を支援する役割を担います。

医療・福祉系

サービス介助士の資格

サービス介助士_テキスト

サービス介助士検定は、高齢者や身体の不自由な人への正しい介助知識と技術を身につけた人材を認定する資格です。2級・準2級・3級があり、2級は「サービス介助士バッジ」の着用が認められています。高齢者や身体に障害のある人が積極的に街の中に出かけられるよう自立を支える、「おもてなしの心」と「介助技術」を持った人材育成を目的としており、高齢化や福祉意識が高まる中で、注目されている資格です。

医療・福祉系

診療報酬請求事務能力認定試験の資格

診療報酬請求事務能力認定試験_テキスト

診療報酬請求事務能力認定試験は、医療機関における事務の中で最も重要なものの1つである、診療報酬請求業務に関する能力を証明する資格で、医科と歯科に分かれています。医療事務分野で唯一、内閣府認定の日本医療保険事務協会が実施する能力認定試験で、医療事務関連資格の中では医療機関での評価も高く、「最高峰」とされる人気の資格です。

医療・福祉系

精神保健福祉士

精神保健福祉士_テキスト

精神保健福祉士は、病院や社会福祉施設等で、精神障害者の身近な生活相談や退院後の住宅や仕事探しなど、社会復帰を目指す人の相談・助言・指導・援助を行う仕事です。社会福祉士、介護福祉士と並ぶ福祉「三福祉士」のひとつで、「精神科ソーシャルワ一力一」ともよばれる国家資格です。

医療・福祉系

認知症ケア専門士の資格

認知症ケア専門士認定試験_テキスト

認知症ケア専門士は、認知症に関連する学識・技能・制度、および倫理観を兼ね備えた専門家を日本認知症ケア学会が認定する資格です。認知症ケアがわが国でも最重要課題の1つとなる中で、医療・介護現場で働く人を中心に注目を集めています。

医療・福祉系

ケアクラークの資格

介護事務_テキスト

介護事務は、介護保護施設で介護に関する費用の請求やケアマネージャーの業務サポートなどを行います。ケアクラーク技能認定は、社会福祉制度や介護報酬請求事務などに関する知識とスキルを認定する資格で、介護事務職として求められる知識と技能を備えていることを確認・証明できる点が人気を集めています。

医療・福祉系

介護事務管理士の資格

介護事務管理士技能認定試験

介護事務は、介護保護施設で介護に関する費用の請求やケアマネージャーの業務サポートなどを行います。介護事務管理士は、介護報酬請求に関する知識とスキルを判定する資格で、技能認定振興協会によって認定されます。介護福祉業界で必要なスキルを習得できるため、未経験者の方からも注目を集めている資格です。

公的資格

メンタルヘルス・マネジメント検定の資格

メンタルヘルス・マネジメント検定試験_テキスト

メンタルヘルス・マネジメント検定は、働く人の心の不調の未然防止と活力ある職場づくりのための、職場内での役割に応じた知識や対処方法の習得の程度を検定します。Ⅰ種・II種・III種の3つのコースがあり、2006年に大阪商工会議所が開始した公的資格です。企業の人事担当者や管理職などの受験も増えている、現代の注目資格です。

医療・福祉系

調剤事務管理士の資格

調剤事務管理士技能認定試験

調剤事務は、調剤薬局において処方箋の受付や会計などの事務を担当し、薬剤師をサポートする仕事です。技能認定振興協会が実施する調剤事務管理士技能認定試験は、処方薬の知識を持ち、調剤報酬の仕組みを理解して正確に請求する能力を認定する資格で、即戦力が求められる調剤薬局で働きたい女性を中心にニーズが上昇している注目の資格です。