マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格

マクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS) 民間資格
マクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS試験)公式サイト マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS試験)は、マクロソフトが認定するMicrosoft Officeの基本操作・応用的な操作のスキルを証明する世界共通の資格。社内での評価アップや就職・転職時の実務能力の証明として、学生から社会人まで幅広く認知されており、累計受験者数は340万人を超えています。
人気度ランク5 難易度ランク2 専門性ランク3 独立向きランク2
年間受験者数 約194,000人 *註1 所要勉強時間
(目安)
年間合格者数 資格登録者総数
合格率 平均年収

*註1)累計受験者数からの推測値

こんな方にオススメの資格

  • 事務・営業関係への就職・転職を目指す方
  • マイクロソフト製品を使った企画書作成や社内業務の仕事に従事する方

「マイクロソフトオフィス スペシャリスト」資格に関する需要

企業競争のグローバル化、IT化・クラウド化の進展により、ITリテラシーは全てのビジネスパーソンに必須のスキルとなっています。

ITリテラシーは、各個人の業務の専門化が進む中、業務のスピードアップ化・効率化、
および仕事の幅を広げるために、今後まずます重要になります。

EXCEL、PowerPoint、Wordなどビジネス上で最も利用されるマイクロソフトソフトウェアの
スキルを高めることは、スキルの幅広いアピールにつながります。

ヒューマン WEB・IT系資格

 

仕事のやりがい

  • 営業職や企画職として、PowerPointを使った提案書や企画書の作成
  • EXCELを使った、各種データの集計や分析
  • マニュアル・議事録・社内規定書などのWordを使った作成

をはじめとして、ビジネスの現場ではさまざまな場面でマイクロソフトオフィスを使う業務・場面があります。また、マイクロソフトオフィスのスキルを持つことで、会社・チーム・プロジェクトで「頼れる存在」になるでしょう。

数字で見るマイクロソフトオフィス スペシャリスト

MOS試験公式HPでは、MOS試験の実績が以下のように示されています。

  • 約200mの国や地域で実施されているグローバルな資格
  • 日本における累計受験者数200万人を突破する、一般パソコンユーザー向けの資格として
    日本最大規模の資格

資格取得のポイント

Officeの各バージョン及び各アプリケーションごとに試験科目が分かれており、Word・Excelは
スペシャリストレベル(一般)と、エキスパートレベル(上級)の2段階に分かれています。
同ーバージョンの所定4科目の合格者には、『マイクロソフトオフィス スペシャリストマスター』の称号が与えられ、オフィスソフトの複数アプリケションを使いこなせる総合的なスキルを証明できます。

ソフトウェアは「習うより慣れろ」という側面が強く、各自ののスキルや業務に応じて、
独学・講座を組み合わせてスキル向上を図っているようです。

「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)試験」概要

受験資格誰でも受験できる
試験実施日全国統一毎月1・2回 + 随時
※試験会場として認定されているパソコンスクールや教育機関など、全国約1,800力所で実施
試験内容試験科目は以下6科目(試験時間は各科目50分)
 ① Word
 ② Excel
 ③ PowerPoint
 ④ Access
 ⑤ Outlook
 ⑥ Windows Vista (Office 2007のみ)

※Microsoft Officeのアプリケーションを使い、どれだけ要求された作業を確実に行えるかを
 判定する。すべてパソコンを使った実技試験で、結果は試験終了後に画面上ですぐに確認
 できる。

 

「マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)」資格の通信/通学講座

スクール名種別コース名期間費用特徴
ユーキャンユーキャン通信マイクロソフトオフィス スペシャリスト1ヶ月19,000円~ゲーム感覚で楽しく学べるオリジナル学習用ソフト。模擬試験で本試験シュミレーションも可能
ヒューマンアカデミー(たのまな)ヒューマンアカデミー通信MOS2013スペシャリスト
Word&EXCEL
試験対策
2ヶ月35,000円~1日150分・最短7日間で学習できるカリキュラムで、短期間で取得が可能。合格保証サポート付き
LECLEC通信MOS2010スペシャリスト
合格講座
(Word+EXCEL)
1科目
2時間×10回
32,920円~定評あるFOM出版のテキストを使い、合格に直結する知識だけを伝授。別途PowerPoint講座もあり