タグ別アーカイブ: 独占業務

国家資格

電気主任技術者(電験)の資格

電気主任技術者第3種試験_テキスト

電気主任技術者は、電気設備の工事、維持、運用に関する保安の監督者としての資格です。設置者は、電気保安のため責任者を置くことが電気事業法上定められており、設備の電圧規模により第1種・第2種・第3種の電気主任技術者に分かれています。電気設備の最高責任者になれる免許を付与する国家資格です。

国家資格

司法試験(弁護士)の資格

司法試験_テキスト

司法試験は、裁判官、検察官、弁護士になろうとする者に必要な学識と応用型能力を有するかを判定する試験です。弁護士資格は、司法試験合格後に司法修習を終了して付与されます。弁護士は、紛争性のある事案について法律事務を行う独占業務が認められた国家資格で、弁護士資格・司法試験は日本最難関の資格として広く知られています。

国家資格

弁理士の資格

弁理士_テキスト

弁理士は、特許、実用新案、意匠、商標を特許庁へ申請代行や、特許権に関する審判の請求など産業財産権に関わる仕事です。経済のグローバル化により、国際出願の業務に関わる機会も増えています。独占業務の認められる国家資格で、知的財産システムの中心的役割の担い手と位置づけられる資格です。

住宅・不動産系

土地家屋調査士の資格

土地家屋調査士_テキスト

土地家屋調査士は、土地や建物の所有者に代わって調査や測量を精密に行い、用途を調べて図面を作って法務省に登記申請の手続を行う独占業務が認められています。不動産表示登記のスペシャリストとして、土地や建物に関するさまざまな相談にも応じます。独立開業も可能なため、人気の国家資格です。

国家資格

社会保険労務士の資格

社労士_過去問

社会保険労務士は、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行・手続代行や、企業経営上の人事・労務・社会保険の問題に関する相談・指導を行う専門家の国家資格です。独立開業も可能です。

住宅・不動産系

不動産鑑定士の資格

不動産鑑定士_過去問

不動産鑑定士は弁護士・公認会計士と並ぶ三大国家資格で、全国でわずか7,000名程しかいないため希少価値の高いことが特徴です。公的な仕事の受注のほか、鑑定評価業務にとどまらず、不動産関関連コンサルティングや土地開発など、活動範囲は多彩です。独立開業も可能です。