TOEIC Bridgeの資格

TOEIC Bridge 民間資格
国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC Bridge TOEIC Bridgeは、基礎的なコミュニケーション英語能力を評価するために開発された世界共通のテストです。TOEICへの「架け橋」として、TOEICよりも「易しくて」「日常的で身近な」「時間の短い」初・中級レベルの英語能力測定に照準を合わせて設計されており、大学やビジネスで将来必要とされる英語能力を高めていく過程で、学習初期段階のレベルチェックとして、大学・高校・中学校などの教育機関や学生をはじめ、急速に人気が高まっている注目のテストです。
人気度ランク5 難易度ランク2 専門性ランク2 独立向きランク1
年間受験者数 208,902人 *註1 所要勉強時間
(目安)
年間合格者数  - 資格登録者総数  -
合格率  - 平均年収
(目安)
 -
*註1)2013年度国際ビジネスコミュニケーション協会発表

こんな方にオススメの資格

  • 英語の初級段階でのコミュニケーション能力を確認・向上したい方
  • 世界共通の英語能力検定でレベルチェックしたい方

「TOEIC Bridge」資格に関する需要

グローバル化の進展に伴い、英語を公用語とする企業も出てきています。
ある調査では、上場企業(278社)のうち、「採用時TOEICスコアを参考にしている」企業は77.7%「配属・配転の参考にしている」企業が68.0%「昇進・昇格の要件となる」企業16.9%と、ビジネスパーソンの英語能力評価のための必須のものとなっています。

また、訪日外国人も2013年に1,036万人(前年比24%増)と急速に増加しており、
2030年には現在の3倍の3,000万人という政府目標が掲げられています。

身近な内容からビジネスまで幅広いシーンを想定する「TOEIC」と比較して、
「TOEIC Bridge」は日常的で身近な内容・シーンを対象としており、より幅広い層の
英語能力チェックとして、さらに受験者数が拡大していくと予想されます。

スピークナチュラル

 

数字で見るTOEIC Bridge

TOEIC Bridgeテストの直近3ヶ年実績
2011年度2012年度2013年度
TOEIC
Bridge
公開受験者数4,3964,6095,056+9.7%
団体受験者数208,175 203,717203,846+0.1%
Total受験者数212,571208,326208,902+0.3%

 
国際ビジネスコミュニケーション協会発表の2013年度実績では、以下のように示されています。

  • 【公開受験】
    社会人0.3万人・学生0.2万人、平均スコアは社会人133・学生131・全体132
  • 【団体受験】
    企業/団体1.8万人・学校18.5万人、平均スコアは社会人/団体114・学校117・全体117

資格取得のポイント

TOEIC BridgeはTOEICへの「架け橋」であるため、出題構成はほぼTOEICと等しくなっています。
TOEICはリスニング・リーディング力の能力測定試験ですが、TOEIC BridgeはTOEICと比較して、問題数・試験時間がそれぞれ1/2の100問・1時間となっており、内容ではリーディングセクションの穴埋め問題や読解問題の長文がなくなっています。

TOEIC同様に、リスニング力・リーディング力をそれぞれUPするための学習に日頃取組み、
直前に公式問題集で試験独自の方式に慣れるといった対策が必要です。

「TOEIC Bridgeテスト」概要

受験資格年齢・実務経験に関係なく、誰でも受験可能
試験実施日年4回(6月・9月・11月・3月)
試験内容【リスニング】(試験時間25分間・50問)
 Part1 写真描写問題 15問
 Part2 応答問題 20問
 Part3 会話問題 15問

【リーディング】(試験時間35分間・50問)
 Part4 文法・語彙問題 30問
 Part5 読解問題 20問