TOEIC SWテスト(スピーキング・ライティング)の資格

TOEIC SWテスト 民間資格
国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC SWテスト TOEIC SWテストは、国際的な職場環境や日常生活で効果的に英語でコミュニケーションをするために必要な、「話す、書く」能力を測定するテストです。企業の国際化が進む中、生きた英語を使えるという指標として、「聴く、読む」能力を測るTOEICと共に、受験者が年々増加しています。
人気度ランク5 難易度ランク2 専門性ランク2 独立向きランク1
年間受験者数 14,700人 *註1 所要勉強時間
(目安)
 -
年間合格者数  - 資格登録者総数  -
合格率  - 平均年収
(目安)
 -
*註1)2013年度国際ビジネスコミュニケーション協会発表

こんな方にオススメの資格

  • 英語の「話す、書く」能力を確認・向上したい方
  • 世界共通の英語能力検定でレベルチェックしたい方

「TOEIC SW」資格に関する需要

グローバル化の進展に伴い、英語を公用語とする企業も出てきています。
ある調査では、上場企業(278社)のうち、「採用時TOEICスコアを参考にしている」企業は77.7%「配属・配転の参考にしている」企業が68.0%「昇進・昇格の要件となる」企業16.9%と、ビジネスパーソンの英語能力評価のための必須のものとなっています。

また、訪日外国人も2013年に1,036万人(前年比24%増)と急速に増加しており、
2030年には現在の3倍の3,000万人という政府目標が掲げられています。

日本人で苦手な方の多い、英語の話す・書く能力を測定する「TOEIC SWテスト」は、
英語コミュニケーション能力の必要性が高まることに伴い、今後も受験者数が拡大していくと
予想されます。

スピークナチュラル

 

数字で見るTOEIC SWテスト

TOEIC SWテストの直近3ヶ年実績
2011年度2012年度2013年度対前年比
TOEIC
SWテスト
公開受験者数4,221 4,8946,584+34.5%
団体受験者数5,893 4,9507,390+49.3%
Total受験者数10,114 9,844 13,974 +42.0%

資格取得のポイント

スピーキング・ライティングは、リスニング・リーディングと比較して独学が難しいため、
工夫が必要です。

公式問題集で問題の傾向を掴み、ライティングはEメール表現集などで基本フレーズを繰り返して
習得し、可能であれば英会話スクールなどで添削してもらうのがベストです。

スピーキングも、基本的なフレーズをシャドウイングで習得すると同時に、英会話スクールなどを活用し、英語でコミュニケーションを取る場を定期的に作ることが有効です。

「TOEIC SWテスト」概要

受験資格特になし
試験実施日年24回
(毎月指定日の午前と午後に各1回実施)
試験内容【スピーキングテスト】 (11問、約20分)
 ①音読問題
  アナウンスや広告などの内容の短い英文を音読
 ②写真描写問題
  写真を見て内容を説明
 ③応答問題
  身近な問題についてインタビューに答えるなどの設定で、設問に答える
 ④提示された情報に基づく応答問題
  提示された資料や文書(スケジュールなど)に基づいて設問に答える
 ⑤解決策を提案する問題
  メッセージなどを聞き、その内容を確認したうえで問題の解決策を提案する
 ⑥意見を述べる問題
  あるテーマについて、自分の意見とその理由を述べる

【ライティングテスト】(8問、58分)
 ①写真描写問題
  与えられた2つの語(句)を使い、写真の内容に合う1文を作成
 ②Eメール作成問題
  20-50語程度のEメールを読み、返信のメールを作成
 ③意見を記述する問題
  提示されたテーマについて、自分の意見を理由あるいは例とともに記述

※テストはパソコン上で実施する。ヘッドセットを装着し、パソコン画面の指示に従い、
 音声吹き込み、文章入力により解答する。
※スピーキング・ライティングはそれぞれ200点満点。
 スコアに応じて、スピーキング8段階、ライテイング9段階の能力レベルで評価される。